左仕切線
長野県遊技業協同組合
トピックス
潟Tンエイが児童養護施設にパソコンなど寄付

画像をクリックすると拡大して表示します。
長野市などでパチンコ店(ニュー東京)を経営する潟Tンエイ(安田英哲社長)は3月23日、県内の児童養護施設など21施設でつくる(長野県児童福祉施設連盟)にノートパソコン15台とデジタルカメラ21台を贈呈した。
同連盟への寄付は、青少年の健全育成や地域貢献活動を目的に2007年(平成19年)から始め、今回で6回目。
購入資金は利用客からの寄付や同社の支出で賄った。
児童養護施設(三帰寮)で行われた贈呈式には、職員や児童、サンエイの社員ら30人ほどが出席。
安田社長は「パソコンに慣れ親しんで使いこなせるようになってほしい。思い出をカメラでいっぱい残して下さい」とあいさつ。
Edit
閉じる