左仕切線
長野県遊技業協同組合
トピックス
松本遊技場組合は高齢者の方々へ老いるほど若くなっていただく為

画像をクリックすると拡大して表示します。

画像をクリックすると拡大して表示します。
松本市美術館主催による美術展 『老いるほど若くなる』 平成15年が第一回
二年に一回開催、対象は70歳以上で平面絵画の公募
松本遊技場組合は高齢者の方々へ老いるほど若くなっていただく為、第一回から協賛
今年で第五回 43都道府県の70歳から96歳の方まで、過去最高の473名の応募
中島千波氏(日本画家)、佐々木豊氏(洋画家)、竹内順一氏(松本市美術館館長)の
審査を経て入賞・入選した作品109点を松本市美術館で3月5日〜4月7日まで展示され
多くの観覧者が訪れ数々の力作に感動されておりました。
第五回グランプリ天衣賞は神奈川県の大橋祐一さんの「地獄極楽図」が受賞
第五回松本遊技場組合賞は富山県の谷村照子さんの「心の故郷」が受賞
Edit
閉じる